エアコン工事を行う時の注意

エアコン工事はベランダに室外機を設置することになりますが、この設置方法により金額が異なります。


難しい設置であればあるほど、高額になってしまいます。一番安く済むのは平面設置ですが、ベランダにより必ずこの方法が取れるわけではありません。


設置するスペースが無い場合は高額な費用がかかりますが、下記の様な設置方法になります。


エアコン工事で室外機がベランダに置けない場合、行うのが天吊りです。これはベランダに室外機を乗せることができる荷台を取り付けます。

その荷台の上に室外機を置く方法です。デメリットとして、ベランダの向きにより、直射日光を受けてしまいます。

エアコン取り付けのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

次にエアコン工事でよく使用するのが、壁掛けです。

これは建物の外側に荷台を取り付けます。

そこに室外機を置くのですが、マンションにお住まいの方は外観の問題で取り付けが出来ない場合もあります。


これが出来ない場合に考えるのが、立ち下ろしです。

これは1Fの地面に室外機を置いて、配管を伸ばしていきます。



この方法なら上層階であったも設置可能です。


最後にエアコン工事不要の室外機不要のエアコンも発売されています。



デメリットして、電気代が高額な物が多く、稼動音が大きいです。
更に冷却能力は通常のエアコンに比べると落ちてしまいます。

エアコンから水を出す仕組みではないので、クリーナー等で内部の洗浄ができません。デメリットは少し多いですが、夏の季節にエアコンなしで過ごすよりは選択肢と考えてみては如何でしょうか。